一般的な議論

 
7 PagesFirst pagePrevious page567
 

EVE Online 開発者ブログ

First post First post
Author
#121 - 2017-04-08 08:00:35 UTC  |  Edited by: ISD Parrot
ファンフェス2017 - 1日目
2017-04-07 09:46 By CCP Phantom



ファンフェス2017の1日目から、最も興味深いニュースをチェックしてみましょう。

ファンフェス
火と氷の土地で開催される、毎年恒例のEVEの祭典です。今年も4月6日から始まり、エキサイティングなニュースやアナウンス、つっこんだ議論、お祭り騒ぎ、その他色々なイベントが行われています! ファンフェスの様子は#evefanfestからもご覧ください。

ストリーミング配信もお見逃しなく。(スケジュールはこちら)



ビデオ
新イントロビデオ「カプセラの誕生」
ファンフェス2016とファンフェス2017の間に起きたこと
EVE: Valkyrie「グラウンドラッシュ」アップデートトレーラー

EVE Onlineで系外惑星探査
EVEプレイヤーはプロジェクト・ディスカバリーでヒト細胞のタンパク質を分類し、現実の科学研究に貢献してきました。今度は細胞ではなく宇宙を覗きこむ番です! EVE Onlineを遊びながら、皆さんは宇宙探査に貢献できるようになります。遠い遠い恒星系からの光度曲線を分析して、新しい惑星を発見しましょう。実装は夏を予定しています!

PvE新コンテンツ: ブラッドレイダー造船所(Blood Raider shipyards)
広大なニューエデンには巨大な怪物が潜んでいます。その名はブラッドレイダー造船所。この造船所は反応的でダイナミックな、高い没入感を持つPvEコンテンツを提供してくれるでしょう。彼らに手を出すのは自由ですが、かつてないほど強力な防衛艦隊との交戦に備えてください。NPCはあなたのフリートの構成や規模、戦術に応じて対応を変化させます。実装はすぐ目の前の5月です!

Permaband、Rockbandに登場
CCP Gamesの社内音楽グループ、PermabandRockband 4に登場します! この夏、Rockbandをお持ちの方は誰でもPermabandの曲をプレイできるようになります。 曲は無料でダウンロード可能です!

第12回CSM
星間管理会議(CSM)はプレイヤーによって選出され、開発スタッフをコミュニティの声でサポートする代表議員団です。毎年選ばれるCSMはEVE Onlineにとって極めて重要な存在だと言えます。今年は31,000人のプレイヤーがCSM選挙で投票しましたが、これは昨年比40%増の素晴らしい結果です! 第12回CSMメンバーは以下のとおり。

Jin'taan
NoobMan
Yukiko Kami
The Judge
rhiload Feron-drake
Vince Draken
Innominate
Suitonia
Steve Ronuken
Aryth

当選者の皆さん、おめでとうございます!

フリゲートの断面図、「The Frigates of EVE Online」
EVE Onlineのフリゲートを題材にした美しい設定画集です! この本には本当に詳しい情報が含まれており、160ページにわたって詰めこまれた技術的詳細やバックストーリーは、すべてのEVEを愛する人々を魅了するでしょう。これを読んでいるあなたのための一冊ですよ! 刊行は今夏、6月6日の予定です。1337部限りの限定版も発売されます。予約は数日中に始まるでしょう。

EVE Onlineの変わりゆくPLEX
PLEXの仕様を一新し、Aurumに代わる第二の仮想通貨として大いに使いやすくします。この変化の理由やデザインの詳細、移行に関するあれこれはこちらこちらをご覧ください。

CCPの20年
誰もが不可能だと言う夢物語じみた小さなアイデア。そこを出発点として、今やアイスランドのGDPの1%を占める国際的企業が生まれました。CCPはまさに夢物語のような道のりを歩んできたのです! 今年のファンフェスはCCPの20周年を祝うお祭りでもあります。それもこれも、EVEコミュニティとEVE Onlineなくしてはありえませんでした。いつも全てが上手くいくわけではありませんでしたが、私たちは多くの経験を積んできました。そして、CCPは今まで以上に多くのことを行い、かつて無いほど良い状態にあるのです。

キョウノーク研究事業
致命的なキョウノーク感染症とそれにまつわる凄惨な出来事を受けて、私たちはファンフェスの参加者に助けを求めることにしました。Company Pの見事な仕事により、参加者がキョウノーク問題の行く末を決める舞台が整っています。すべてが灰になるまで燃やし尽くされるのか? それとも人々を救い、科学を前進させる力が働くのか? 乞うご期待!

冬期エクスパンション
私たちはすべてを冬期エクスパンションに集約させるつもりです。ダイナミックPvEなどの新しいゲームプレイを使って、EVEユニバースに新しいコンテンツをもたらしたいと考えています。新しいチャレンジ、新しい報酬、そして大国領に焦点を当てた新しい要素。冬期エクスパンションは新鮮なコンテンツでいっぱいになるでしょう。続報をお待ちください。

EVE Onlineの未来...宇宙の植民地化
皆さんにはEVEユニバースで完全な新世界を発見していただきたい。私たちはそう考えています。実現するには、宇宙で植民を進めるための究極的な道具を、まったく自由に扱えなければなりません。そうです。星間航行に無くてはならないスターゲートです! 私たちはプレイヤーによるスターゲート建設に向けてゆっくりと動き出していますが、驚きを与えられるレベルになってからお目にかけましょう。これは数回のエクスパンションを視野に入れた、壮大なビジョンなのです。

EVE Valkyrie...より強大に
EVE ValkyrieはCCPが開発したVRゲームで、2016年3月に発売してから大成功を収めています。プレイされた試合時間は実時間に換算して88年分、破壊された機体は700万機にのぼります。成功の要因となったのは主要なVRプラットフォームを対象にした全面的クロスプラットフォームと、複数回の無料アップデート、コンスタントなゲーム開発、そして素晴らしいプレイヤー達です。EVE Valkyrieをさらに偉大なゲームにするための計画もあります。CCPはヤル気に燃えています!

EVE Valkyrie...「グラウンドクラッシュ」で大気圏内ステージ登場
次回の大型アップデート「グラウンドクラッシュ」で、EVE Valkyrieは次のレベルへと進化します! 戦いの舞台が戦火にさらされた惑星地表へと拡大するのです。プレイヤーはミンマターの研究施設へ飛びこみ、上へ下へと飛び回ります。細いトンネルや山岳地形、地下の大洞窟での戦闘をご期待ください!

EVE GunjackとGunjack 2
EVE Gunjackは50万本以上を売り上げ、VRゲームのベストセラーになりました! Gunjack 2はGoogle Daydream用の第3世代VRゲームです。このジャンルの開発スピードは驚異的に速く、CCPは主導的な役割を果たしています!

Sparc
Sparcは世界初のバーチャルスポーツ、略してvSportです。CCPが手がけた初めての非EVEユニバースタイトルという記念すべき作品でもあります。Sparcをプレイするとき、あなたは未来の剣闘士ではありません。バックストーリーもロアもありません。あなたはあなた。テニスラケットを持ってコートに足を踏み入れるようなものだと思ってください。ただし、使うのはスポーツ用品ではなくVRガジェットです。そこにどれだけの可能性が秘められているでしょうか。Sparcは2017年の発売を目指しています!
#122 - 2017-04-09 05:17:39 UTC  |  Edited by: ISD Parrot
ファンフェス2017 - 2日目
2017-04-08 13:33 By CCP Phantom



ファンフェス2017の2日目から、最も興味深いニュースをチェックしてみましょう。

ファンフェスは火と氷の土地で開催される...(以下省略)



ビデオ
Permaband - Come Fly With Us
スコープニュース – YC119年度キョウノーク研究事業

プロジェクト・ディスカバリー...EVEで系外惑星探査
次の「プロジェクト・ディスカバリー」で、皆さんは再びEVE Onlineから現実の科学を研究することになります! 今度のプロジェクトに参加するのはミシェル・マイヨール、ジュネーヴ大学、CCP、そしてレイキャヴィク大学です。はるか遠くの恒星系の光度曲線を分析し、新しい惑星を見つけるためにパターンを特定しましょう。もちろん、今回のプロジェクトもEVE Onlineのバックストーリーとロアに結びついたものになります。系外惑星探査はクローンステートを問わず誰にでもプレイできるようになる予定です。今夏をお楽しみに!

ストラクチャ...リファイナリーと衛星掘削
2種類のアップウェル系ストラクチャ、中型リファイナリーのアタノール(Athanor)と大型リファイナリーのタタラ(Tatara)の開発が進んでいます。リファイナリーは再処理と衛星採掘に特化したストラクチャです。また、衛星資源を採取するためのプロセスも大きく変わります。現在のような受動的かつ単独的な方法ではなく、集団で行動することが必要になるのです。さらに、リファイナリーは衛星資源のリアクションも担い、現在のインダストリーUIに似た新しいインターフェースが導入されます。



ストラクチャ...アウトポストからシタデルへ
ファクションシタデルが登場します! 予定されたある日を迎えると、すべてのアウトポストと攻略可能なNPCステーション(背景設定についてはこちらをどうぞ)が一斉に消え、対応するファクションのフォーティザー型シタデルに置き換わります。この移行日にアウトポストないしステーションを制御しているコーポレーションがフォーティザーを所有します。なお、イメンシーのステーションはプレイヤー史の1ページとしてランドマーク化する予定です。

アートレビュー
EVEは美しいゲームです。アートチームのたゆまぬ努力のおかげで、EVEのビジュアルは絶えず進化し続けています。去年はダメージエフェクトが改良(宇宙空間のオブジェクトやストラクチャが対象に)され、新しいエフェクトも追加されました。爆発の輝きも驚くほど美しくなりました。最新のプロジェクトでは恒星の新しいクラフィックとエフェクトが開発されています。細部にまでこだわった実に美しい恒星たちは、5月リリースで実装される予定です。

ゲームバランス
大変興味深いニュースが揃っています。この夏、サンシャとブラッドレイダーに新しいインプラントが追加され、新しい対準主力艦ボムと電子戦ボムが実装されます。主力艦と主力艦用モジュール(キャピタルMWD、キャピタルAB、ドゥームズデイ・デバイス)はバランス調整の対象です。主力艦関係のT2ブループリントが主力艦建造部品を使うようになるのは、実業家の皆さんにとっては朗報でしょうか。まだ地平線の彼方ですが、ガリスタス主力艦の姿も見えています!



新しいPvE...ブラッドレイダー造船所
5月、EVE Onlineに新しいPvEコンテンツが登場します。皆さんの行動によって内容が変化する、没入的かつ反応的なダイナミックコンテンツです。造船所を建設したNPCは皆さんの船や戦術に対応し、彼ら自身の船と戦術を変化させます。まず実装されるのはブラッドレイダー造船所です。ブラッドレイダーが艦隊を建造するために悪用しているアップウェル系ストラクチャは、宇宙のどこかに隠されており、攻撃する前に見つけ出さなくてはなりません。発見すれば自由に攻撃できますが、防衛艦隊との熾烈な戦いに備えてください! NPC艦隊はあなたのフリートの構成、規模、戦術へ柔軟に反応します。これは新しいPvEコンテンツの始まりにすぎません!

ブラッドレイダー主力艦
3種類の新型主力艦(支援型主力艦、攻城艦、タイタン)がニューエデンに登場します。これらはブラッドレイダーが開発した船で、他のブラッドレイダー艦と同じく、奇妙ながらも強力なアマー・ミンマター技術の融合体です。相手の行動を妨害(ウェビファイアー)し、エネルギーを奪うボーナス...あなたに牙を突き立て、血を吸い尽くすためのボーナスを持っています! 建造コストはあまり高くなく(最大でも通常仕様の50%増)、ブループリントはブラッドレイダー造船所から回収できます。

ストラクチャ...統計情報
シタデルエンジニアリング複合施設が実装されて以来、10,000個のシタデル、6,500個のエンジニアリング複合施設が建設されてきました。現時点での破壊率は前者が7%、後者が15%です。キープスターはまだ35個しか建設されていません! 2つのコーポレーションが100個以上のアップウェル系ストラクチャを所有しています! また、エンジニアリング複合施設は大変な成功を収め、1年前はNPCへの支払いが77%を占めていたにもかかわらず、現在はインダストリージョブの72%がエンジニアリング複合施設へ支払われるようになりました。コミュニティの行動力に敬意を表します!



CONCORD艦
民間用に改造されたCONCORD艦がカプセラに払い下げられます。これらのフリゲート、あるいは巡洋艦を手に入れるのはファンフェスの参加者たちです。今までにない特殊なボーナスとして、艦船性能の一部がプレイヤーのセキュリティステータスに左右されます。豊富なスロット、良好なワープ速度、そして強化されたワープ妨害射程を持ち、幅広い装備に対応できる艦船だと言えるでしょう。ただし、速力とDPSはそれほど高くありません。

T3巡洋艦の変革
高いカスタマイズ性を持つT3巡洋艦は人気がありますが、問題がまったく無いわけではありません。多くのサブシステムがほとんど使われておらず、他の艦船と役割が被っている部分もあります。今年、私たちはT3巡洋艦を大きく変えたいと思います。サブシステムを合理化し、それぞれ3種類のオプションを持つ4スロットにまで統合。船体を建造するために必要となる新しいワームホール由来のアイテムも追加します。

プロジェクト・ディスカバリー...市民科学の力!
プロジェクト・ディスカバリーで発揮された市民科学の力を振り返りましょう。これはEVE Onlineにおける初めての市民科学プロジェクトで、プレイヤーはヒト細胞のタンパク質を分類し、現実の科学研究を支援することができました。一年間で得られた結果は信じられないほどです。EVEプレイヤーは2800万回もの分類を行い、時間にして170年分の作業をやってのけました。大成功としか言いようがありません。皆さんのご協力に感謝します。なお、次の市民科学プロジェクトは既に始動しています。今度は私たちの宇宙で、本物の系外惑星を発見するのです。

EVE Updates
ファンフェス2017ではニュースや新情報が大量に発表されました! EVE Updatesを定期的にチェックし、CCPのFacebookもご覧になってみてください!
#123 - 2017-04-09 09:29:05 UTC
ファンフェス2017 - 3日目
2017-04-08 20:10 By CCP Phantom



ファンフェス2017の3日目から、最も興味深いニュースをチェックしてみましょう。

ファンフェスは...(以下省略)



新規プレイヤー向けコンテンツ(NPE)
昨年の冬、私たちはEVE OnlineのNPEを全面的に改良しました。その結果は私たちの期待を上回り、極めてポジティブなフィードバックが得られました。この成功を踏まえて、私たちはNPEをさらに改良していくつもりです。今のところ、ロードマップにはユーザーインターフェース(例えば自己資本合計カウンター)や基本構造(プレイヤーがEVEユニバースで目的を見つけるのを助けるため)を書き留めています。

EVEベガス2017
EVEベガスはファンフェスに次ぐ2番目に大きなプレイヤーギャザリングイベントです。EVEベガス2017はThe Linqで開催されます。今年のEVEベガスも例年どおりCCPが全面的にサポートし、素晴らしいイベントになるでしょう。パーティー、プレゼン、円卓会議、開発スタッフとの交流...すべてを一度に楽しむチャンスです! EVEベガス2017の日程は10月6日から8日。チケットは既に発売されています



EVE Valkyrie...ロードマップ
EVE Valkyrieは素晴らしいスタートを切りました! 毎月100万体以上のクローンと、57,000隻以上の艦載機母艦が破壊されています。私たちは4回の大型アップデートをすべて無料で実施してきました。これからはもっと楽しいことになります! 4月、私たちは新しく惑星地表をテーマにしたステージを実装します。放棄されたミンマターの研究施設が戦いの舞台です。さらに、ワームホール環境や英語字幕の追加、Steamコントローラーのサポート、トレーニングの改良など、様々な内容が予定されています。また、「数より質」の考え方を念頭に置き、今後は機体にも色々と手を加えていくつもりです。(キャラクターとアンロック要素が増え、選択の重要性が増します) 充実した機体はより楽しい戦闘を実現するでしょう。経済システムも改良され、もっと満足していただける報酬を提供できるようになります。ロードマップをご覧ください!

ESI...外部ツールの開発
外部ツール開発者をどれだけ支援できるかは、EVEコミュニティにとって非常に重要な問題です。CCPが積極的にサポートしたことで、これまでに多くの優れたツールとウェブサイトが制作されてきました。EVEユニバースで大きな戦いと面白いイベントが実現しているのは彼らのおかげでもあります。現在、CCPの担当チームは比較的新しいEVEスワッガーインターフェース(ESI)の改善に全力を注いでいます。皆さんに知っておいていただきたいのは、ESIとはとても使い勝手の良いものだということです!



アートチームの総括
毎年人気のグラフィックに関するプレゼンでは、アートチームがファンフェス2016からの一年を振り返りました。新しい船、リデザイン、SKINの改良、ダメージエフェクト、その他諸々...。さらに、これから実装される新型ストラクチャや新しいエフェクト、完全に新しくなった恒星の姿など、たくさんの綺羅びやかなもの(とミンマターの錆びついたもの)も紹介してくれました。EVEをいつまでも美しく保ってくれる彼らに感謝しましょう!

世界中のプレイヤーギャザリングイベント
ファンフェスは最高のイベントですが、世界各地でもエキサイティングなプレイヤーギャザリングが行われています。今年予定されているのは以下のようなイベントです。

Finns on a ship
EVE St. Petersburg
EVE Northeast
EVE Downunder
EVE NT
G-Fleet
EVE Dublin
EVEsterdam
EVE London

詳しく知りたい方は便利なイベント確認サイト、EVE Meetをご覧ください!

キョウノーク研究事業
キョウノーク感染症という恐るべき災厄を舞台に、私たちは素晴らしいライブイベントを楽しみました。Company Pの見事な仕事のおかげで、ファンフェス参加者はキョウノーク問題の結末を自ら決めることができたのです。すべてを燃やし尽くすのか、それとも人々を救い、科学を前進させるのか。カプセラは未来の希望を信じる決断を下しました!



Party At the Top of The World
ファンフェスはParty At the Top of The Worldあってこそです! 今年は特別ゲストとしてDJクリスチャン・ナイアン(ゲーム・オブ・スローンズのホーダーと言ったほうが分かりやすいですか?)を招待しました。CCPの社内バンドPermabandが再び伝説的なパフォーマンスを披露したのは言うまでもありません。

チャリティイベント
ファンフェスのチャリティイベント、サイレントオークションとチャリティディナーは大成功に終わりました! 今年集まったのは13,600USD! 大変な成果です。これは全額がBarnaspítali Hringsins(アイスランドこども病院)へ寄付されます。ご参加いただきありがとうございました!

ファンフェス2018
ファンフェス2018もEVEユニバースとEVEコミュニティを祝う祭典になりますが、それだけではありません! なぜなら、来年はEVE Onlineの15周年も祝わなければならないからです! 開催日程は2018年の4月12日から14日まで。場所は変わらずアイスランド。今からスケジュールを空けておいてくださいね!
#124 - 2017-04-29 06:30:12 UTC
5月リリースにてPLEXパッケージを変更
2017-04-28 16:20 By CCP Falcon

カプセラがISKとPLEXをより扱いやすくなるよう、5月リリースでちょっとした変更を加えます。

PLEXを分割することで、プレイヤーはより小規模な取引を行えるようになります。皆さんはPLEXの売買量を今まで以上に柔軟に調整し、ニューエデンのマーケットを最大限に活用できるはずです。また、PLEXを使ってSKINやアパレルを買いたいと思ったとき、面倒な仮想通貨の両替作業を省いてニューエデンストアを利用できます。PLEXの変更に関する詳細は以下の開発者ブログをお読みください。

変わりゆくPLEX

変わりゆくPLEX - 続報

この変更は5月9日に119.5リリースで実装される予定ですが、私たちはPLEXの価格体系を従来のAurumのような形に変更します。すなわち、購入量が多くなるほど特典も大きくなる方式です。

一部のパッケージではPLEX価格がわずかに上昇することになりますが、ほとんどのパッケージでは特典が増加しています。

さらに、私たちは従来のPLEX価格が最小単位でもやや高価であることを認識しています。そこで5月9日のPLEX変更と同時に、PLEXがどんなものか試してみたいプレイヤー向けの小型パッケージを発売するつもりです。

5月9日の119.5リリース実装後、PLEXの価格体系はこの画像のようになります。
#125 - 2017-05-05 07:58:00 UTC
ストラクチャ移行計画の次段階
2017-05-04 14:58 By Team Five 0

思慮深きカプセラ諸君、ご機嫌よう! 今日は先日レイキャヴィクのファンフェスでお話しした、スターベースとアウトポストの移行計画についてもう少し詳しく解説します。

この開発者ブログではスターベースを段階的に廃止する長期計画の次なる一手と、アウトポストと攻略可能ステーションをアップグレードするための移行プロセスについて、今までより詳細な情報を公開します。

◆スターベースの産業機能と資源処理施設

ファンフェス2015で、CCPはアップウェルストラクチャがどんな風になるのか大枠を示し、移行計画の大まかな予定も説明しました。



その移行方法とは、従来のストラクチャの機能を引き継ぐと同時に強化するアップウェルストラクチャを実装したあと、旧ストラクチャを徐々に廃止するための段階的移行プロセスに入るというものです。

昨年のAscensionエクスパンションでエンジニアリング複合施設とエンジニアリングサービスモジュールが実装され、アップウェルストラクチャはスターベースと同等、あるいはそれ以上の産業機能を持つようになりました。先日のファンフェスでも紹介したように、これらの新ストラクチャは最大限に活用され、ニューエデンの産業はほとんどがエンジニアリング複合施設へと移りつつあります。



というわけで、完全移行を実現するため、産業関連の旧ストラクチャの廃止に取りかかる時が来たようです。

どのスターベースストラクチャもいくつかの段階を踏んでから廃止されます。物事を性急に進めるつもりはありませんが、今日は次の2つの段階についてご説明しましょう。

NPCは5月リリースで以下のスターベースストラクチャのBPOを販売しなくなります。

・スターベース用圧縮施設
・スターベース用再処理施設
・スターベース用組み立て施設
・スターベース用研究所

その後の8月リリースで、再処理施設、組み立て施設、研究所からボーナスが削除されます。

つまり8月以降の再処理施設は50%の精錬効率しか提供せず、組み立て施設は製造ジョブに対する資源効率・時間効率ボーナスを失い、研究所も研究・コピー・発明へ時間効率ボーナスを適用できなくなるのです。

ストラクチャ自体はもう少し長く存続し、8月リリース実装前に開始されたジョブはボーナスを完全に適用されたまま実行されます。

ここで注意すべき2つのストラクチャがあります。サッカー部品組み立て施設とヒャショーダ効率研究所です。夏にかけて始まる移行プロセスで、これらは最終的にアップウェル系アイテムへと変換されます。変換の詳しい内容については時期が近づいたら発表します。

スターベース廃止計画の一段階として、リファイナリー実装時に衛星採掘施設と化合施設の無効化が予定されています。移行済みのスターベース機能に関連したアイテムは最終的に削除され、所有者は適切な補償を受けることになります。

◆アウトポストのアップグレードと移行計画

ファンフェスで発表したように、アウトポストの移行プロセスを終わらせる時期も近づいています。アップウェル・コンソーシアムはヌルセクのアウトポストと攻略可能ステーションへシタデル技術を応用しようと全力を注いでいるので、皆さんと皆さんのアライアンスはきっと恩恵にあずかることができるでしょう!

アウトポストと攻略可能ステーションはヌルセク史の基礎、カプセラアライアンスの偉業の頂点とも言える象徴的なストラクチャであり、重要なのはただ置き換えるだけでは不十分だということです。これらはEVEコミュニティらしく花火と砲弾で見送るだけの価値があります。

送別会を開くにあたって目玉となるのは、アウトポスト移行計画でのみ登場するファクションシタデルです。これらの特別にアップグレードされたシタデルはアウトポスト移行プロセスを通じてゲーム内に登場しますが、以後は二度と追加されません。

実装されるファクションシタデルは5種類です。アウトポストに対応する4種類と、ずっと昔に秘密結社イメンシーが建設した攻略可能ステーションを置き換える1種類に分かれています。アウトポストが変換される4種類は現行アウトポストを改良、リスケールしたモデルが使われるので、ヌルセク住民の皆さんには見慣れた光景となるでしょう。



攻略可能ステーションが変換される1種類は、独特なカラーリングが施されたフォーティザーのようなシタデルになる予定です。

新しいファクションシタデルはフォーティザーの強化版と呼べる性能を持ちますが、入港制限は変わりません。また、いずれも変換前のストラクチャに関連したボーナスを獲得します。防御能力は通常のフォーティザーのそれに加えて、本来はより脆弱なストラクチャのために用意されている追加ボーナスも付与されます。

・ミンマターアウトポストから変換されたシタデルは再処理に対するボーナスを持ちます。(リファイナリーには劣る)
・アマーアウトポストから変換されたシタデルは製造に対するボーナスを持ちます。(エンジニアリング複合施設には劣る)
・カルダリアウトポストから変換されたシタデルは研究に対するボーナスを持ちます。(エンジニアリング複合施設には劣る)
・ガレンテアウトポストから変換されたシタデルは追加のサービスモジュールスロットと、サービスモジュールの燃料消費に対するボーナスを持ちます。
・攻略可能ステーションから変換されたシタデルは防御能力とヒットポイントへのボーナスと、他のファクションシタデルと同じながら効果の小さいボーナスを持ちます。

ファクションシタデルは他のアップウェルストラクチャのように係留解除、回収、再配置が可能ですが、カプセラが製造することはできません。

アップグレード済みのアウトポストから変換されたファクションシタデルは別のボーナスも受け取ります。特別仕様のファクションストラクチャ用リグです。リグの種類はアウトポストにインストールされていたアップグレードによって変わります。複数のアップグレードがインストールされていても1つのファクションリグに集約され、他の2つのリグスロットは通常のLサイズリグで使用できます。

ファクションシタデル自体のように、これらのリグもアウトポスト移行プロセスでのみ登場し、以後は二度と追加されません。装着されているシタデルが消滅するか係留解除された場合、通常のリグのように破壊されてしまいます。

ファクションシタデルを与えられたコーポレーションは決断を迫られます。その場でファクションシタデルを守り、リグからもたらされる利益を享受し続けるのか。それとも係留解除して別の場所に再配置するのか。誰にとっても難しい選択となるでしょうが、どちらの判断にも非常に大きなメリットがあります。

68ヵ所の攻略可能ステーションはEVEのプレイヤー史にとって極めて重要な場所です。それらはアライアンスの本拠地星系として理想的な環境を実現しました。NOL-M9、H-W9TY、C-J6MT、1V-LI2、VFK-IV、BKG-Q2、C9N-CC、JV1V-O、そしてFAT-6Pに至るまで、多くの星系の攻略可能ステーションがカプセラの偉業を支え、ドラマとサスペンスに満ちた驚くべき物語を生み出してきたのです、

多くのルーキーはこうした物語を知るチャンスが中々ありませんが、ステーションの周りで繰り広げられてきたEVEプレイヤー達の冒険を記念するなら、この終幕こそまたとない機会であると気がつきました。攻略可能ステーションがファクションシタデルに置き換えられると同時に、周辺は旧ステーションの遺構を留めたランドマークサイトになり、星系やステーションで起きた歴史的出来事を解説するモニュメントが設置されます。モニュメントには移行プロセス完了時に攻略可能ステーションを支配していた最後のアライアンス名も記される予定です。それは10年以上にわたる歴史でプレイヤーが成し遂げてきた業績を後に伝える、不滅の語り手となるでしょう。

◆Xデー



アウトポストの完全移行は今冬、リファイナリーを含むエクスパンションが実装されてから一定期間経った後のパッチで実行する予定です。その時期が近づいてきたら正確な日程を含むより具体的な情報を公開します。

移行当日のダウンタイム中、ファクションシタデルはアウトポスト・攻略可能ステーションの近くへ自動的に係留されます。置き換わるアウトポスト・攻略可能ステーションの中に保管されている資産はファクションシタデルへ移動され、一部は必要に応じて資産保護システムの管理下に移されます。ファクションシタデルへ移動されたあらゆるアイテムは、所有者が望むように資産保護システムを適用できます。既存のアップウェルストラクチャと同じ仕様です。

ファクションシタデルにはいくつかのサービスモジュールが無料で付いており、自動的にインストールされてオンラインになるものもあれば、シタデルのカーゴホールド内に置かれるものもあります。

ファクションシタデルはダウンタイム前にアウトポスト・攻略可能ステーションを支配していたコーポレーションが所有します。フリーポートモードで当日のダウンタイムを迎えた場合は、フリーポート期間が始まる前に所有していたコーポレーションが所有します。

所有者が脆弱時間を設定できるよう、移行が終わってから最初の1週間はファクションシタデルの非脆弱状態が続きます。

ニューエデンの並居るアライアンスにこのイベントを楽しんでもらえることを願います。アウトポストとステーションを奪い取るにせよ、守り抜くにせよ、それだけの力を結集させたカプセラ達は非常に貴重なシタデルを受けとる資格があります。

私たちは移行計画に対するコミュニティのフィードバックに耳を傾けていくつもりです。Xデーが近づくにつれて公開される新情報もお見逃しなく。

お読みいただきありがとうございました!

Team Five O
#126 - 2017-05-21 15:24:59 UTC
5月23日、スキルインジェクターの柔軟性を改善
2017-05-19 15:21 By Team Size Matters

スキルに富んだカプセラ諸君、ご機嫌よう!

PLEXの仕様変更が実行され、市場も落ち着きを見せてきたので、来たる5月23日に実装されるちょっとした改善についてお話ししましょう。今回の変更対象はスキルトレーディングです。

PLEXをより細かく、より柔軟なアイテムへと作り変えるにあたり、私たちはスキルトレーディングでも同じことができるのではと考えました。もともとスキルインジェクターとスキルエクストラクターのサイズを決める際、取引に便利なくらい小さく、しかしスキルポイントとして存在感がある程度には大きくすることを目指していたのです。思うに、後者の目標は達成できたと思います。インジェクターは良い感じです。しかし、最低価格650Miskという相場はほとんどのプレイヤーにとって手を出しにくい価格帯であり、先の長いキャリアの初期段階にいるプレイヤーにとっては尚更です。

というわけで、私たちは現在のスキルインジェクターを5分の1に小さくした新型インジェクターを追加し、スキルトレーディングを初心者にも現実味のあるシステムにしたいと思っています。

◆どんな仕組み?

変更点を箇条書きにしてみました。

・現在のスキルインジェクターを「ラージスキルインジェクター」に改名。
・新しく実装されるインジェクターの名前は「スモールスキルインジェクター」。
・1個のラージインジェクターを5個のスモールインジェクターに分割するか、5個のスモールインジェクターを1個のラージインジェクターにまとめる右クリックメニューを追加。
・スモールスキルインジェクターを使用すると最大で100,000スキルポイントが付与され、総スキルポイントに応じて以下のように変動します。
※0~500万スキルポイント = 10万スキルポイント付与
※500万~5000万スキルポイント = 8万スキルポイント付与
※5000万~8000万スキルポイント = 6万スキルポイント付与
※8000万スキルポイント以上 = 3万スキルポイント付与

だいたいこんな感じですね!

一口サイズのスキルトレーディングをお楽しみいただければ幸いです。いつものようにコメントで皆さんの考えをお聞かせください。

トレーニングを欠かさず、良い宇宙の旅を。

Team Size Matters
#127 - 2017-05-27 19:05:11 UTC
戦略的巡洋艦とあなた
2017-05-26 16:17 By Team Five 0



適応力に優れたカプセラ諸君、ご機嫌よう!

この開発者ブログでは今夏に予定されている戦略的巡洋艦のリバランスに備えて、事前に知っておくべき情報をいくつかお伝えしておきます。リバランス計画の大まかな内容やパッチ当日に発生する現象(今回はじめて公開する情報です)、戦略的巡洋艦フォーカスグループの活動開始について一緒に確認していきましょう。

ファンフェス2017の艦船とモジュールに関するプレゼンで、私たちは今年後半にかけてT3巡洋艦のリバランスを行うとお話ししました。(プレゼンを見逃した方はYouTubeから録画をご覧いただけます)

話をざっくり要約すると、私たちは現在の戦略的巡洋艦には以下のような問題があると考えています。

・現仕様のリグはT3巡洋艦の船体を特定のボーナスのために固定してしまい、毎日のように必要に応じてサブシステムを変更するというT3巡洋艦本来の「戦略性」を殺してしまっている。
・T3巡洋艦と他の艦種(特に強襲型巡洋艦と電子戦型巡洋艦)が性能面で被っており、その優位性のために船の選択肢が縮んでしまっている。
・多くのサブシステムの組み合わせが能力的に劣っていて、ほとんど使われていない。
・グラフィックに関する技術的観点から、T3巡洋艦を現仕様のままにしておくことはできない。

これらの問題を解決するため、私たちは次のような解決方法を考えています。

・サブシステムの数を減らし、より強力かつ有用な形へ集中させる。
※現時点ではそれぞれ3つの選択肢を持つ4つのサブシステムスロットを計画中。
・T3巡洋艦に関する全体的なリバランス。(特に以下のような内容)
※ワームホール宙域で入手できる新しい建造部品を追加。
※ロキにデュアルタンクボーナスを追加。
※長距離戦闘能力とワープ妨害耐性サブシステムをやや弱体化。
※シグネチャ半径と質量の増加。
・リグを破壊することなく戦略的巡洋艦から取り外せるようにする。

◆スケジュールを決めましょう

リバランスの暫定的なスケジュールを発表します。これらの変更は2017年7月11日に実装される予定です。

今回の戦略的巡洋艦に対する変更は極めて大きく、パッチ当日、既存の船体とサブシステムは劇的な変化を経験します。私たちはその影響について警告を始め、プレイヤーが慌てふためく羽目にならないよう2ヶ月かけて告知していきます。

・戦略的巡洋艦が装備していない既存のサブシステムは、新システムでもっとも似た機能を持つアイテムに直接変換されます。
・戦略的巡洋艦が装備しているサブシステムも新しいアイテムに直接変換され、カーゴホールドに追加でもう1つ出現します。(プレイヤーが持つサブシステムの個数をパッチ前後で同数にするための措置です)
・戦略的巡洋艦のサブシステムはパッチ後も機能し続けますが、一部のモジュールがオフラインになったり、スロット数が変更されたりする可能性があります。
・パッチ当日にT3巡洋艦を使用するプレイヤーは、ダウンタイムが始まるまでに安全な場所、例えば友好勢力のスターベースやステーション、ストラクチャなどへ移動しておくことを強く推奨します。そうしておけば、次にログインしたときにモジュールがオフラインになって危機的状況を迎えるような目に遭わずに済むはずです。

◆戦略的巡洋艦フォーカスグループ

戦略的駆逐艦フォーカスグループの成功に続いて、T3巡洋艦リバランス計画を改良・改善するために戦略的巡洋艦フォーカスグループが始動します。

EVEコミュニティ全体より規模が小さいことを活かし、明確かつ迅速な議論を通してCCPへフィードバックを提供するのがこのグループの目的です。

透明性を確保するため、フォーカスグループのチャンネルログは自動的に公開されます。議論内容は誰でも見えますが、実際にチャンネルで話せるのはフォーカスグループのメンバーとCCPの開発スタッフのみです。

先週、私たちはフォーラムでフォーカスグループへの参加申し込みを受け付けました。名乗りを上げてくれた全てのプレイヤーに感謝しますが、残念ながらグループが正常に機能しなくなるほど大きくなってしまうため、参加希望者全員を受け入れることはできませんでした。

選ばれたのは以下のプレイヤー達です。

Asher Elias
Capri Sun KraftFoods
Eustise
ExookiZ
frsd
Icarus Narcissus
lanyaie
Lemkor Gengod
Mawderator
Noxisia Arkana
progodlegend
Rowells
StarFleetCommander
Sturm Gewehr
Titus Tallang
White 0rchid

上記のキャラクターには、フォーカスグループのSlackに接続する方法をCCP Fozzieがeveメールで連絡します。メンバーがオンラインになり次第、グループは活動を開始します。

開発者ブログをお読みいただきありがとうございました。フォーカスグループに参加してくれた有志の皆さんにも感謝します!

念のため、パッチ当日に関する重要な情報をもう一度繰り返しておきます。これから2ヶ月間は何度も告知する内容です。

パッチ当日にT3巡洋艦を使用するプレイヤーは、ダウンタイムが始まるまでに安全な場所、例えば友好勢力のスターベースやステーション、ストラクチャなどへ移動しておくことを強く推奨します。そうしておけば、次にログインしたときにモジュールがオフラインになって危機的状況を迎えるような目に遭わずに済むはずです。

それでは、良い宇宙の旅を!

Team Five 0
#128 - 2017-06-09 12:39:06 UTC  |  Edited by: ISD Parrot
スキルキューの不具合について
2017-06-09 10:29 By CCP Falcon

昨日、私たちがゴーストトレーニングに対処するためのスクリプトを実行したあと、プレイヤーから「スキルキューが停止していた」「キャラクターがトレーニングを止めていた」等の報告が寄せられました。

これはスクリプトが想定外の動きをしたことが原因でした。結果として、過去24時間のあいだにかなりの数のプレイヤーがトレーニングタイムを失う結果を招いてしまいました。

現在は修正プログラムの適用を進めているところです。プログラムは不具合が起きたすべてのアカウントを特定し、プレイヤーがログインしてトレーニングを再開していない場合は、自動的にトレーニングを再開させます。

修正プログラムの適用完了後、影響を受けたすべてのプレイヤーへの埋め合わせとして、スキルキュー停止によって失われたスキルポイントを近日中に補填する予定です。

スキルキューに関する今回の問題で皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます!

この問題に関する議論にはこちらのスレッドをご利用ください。
#129 - 2017-06-13 11:27:03 UTC
6月リリースにおける戦闘機のバランス調整について
2017-06-12 17:07 By CCP Falcon

6月リリースで実施予定だった戦闘機のバランス調整について、コミュニティからのフィードバックを検討した結果、私たちは各種数値を見直し、攻撃力削減をより小さな規模に抑えることにしました。

戦闘機のバランス調整に関するスレッドは新しい数値に更新されています。また、このバランス調整の狙いがそもそも何だったのかをはっきりさせるため、統計的なデータも追加しています。

ヌルセクの一部アノマリーを攻略した際の報酬を調整するため、今回のバランス調整とは別の方法を探していくつもりです。

建設的なフィードバックはいつでも歓迎します。上記リンク先のスレッドをご利用ください。
#130 - 2017-06-15 14:45:14 UTC
不正行為に関する告知...ゴーストトレーニングについて
2017-06-15 13:39 By CCP Falcon

私たちはゴーストトレーニングについて徹底的な調査を行い、CSMと議論したのち、この行為を不正行為として宣言することを決定しました。

今回のゴーストトレーニングとは、アルファアカウントでありながら通常のアルファゲームプレイで得られるよりも多くのスキルポイントを獲得する行為、または(同時に)アルファアカウントでオメガスキルをトレーニングする行為のことを言います。

この記事を公開した日時をもって、ゴーストトレーニングを不正行為に指定します。ゴーストトレーニングを実行したプレイヤーはEVE Onlineエンドユーザーライセンス(EULA)に従い、ケースバイケースで処分されることになります。

公開の場、あるいはサポートチケット、バグレポートを使ってこの問題を報告してくれた方々に感謝します。ゴーストトレーニングは来週中にも修正される予定です。

既にお伝えしているように、この問題に関連した先週のトラブルでスキルトレーニングタイムを失った方には、近いうちに補償が行われます。
#131 - 2017-06-18 04:12:06 UTC
ローグスウォーム・アラートに参加しよう!
2017-06-13 14:08 By CCP Falcon



119.6リリース実装と同時にローグスウォーム・アラート(Rogue Swarm Alert)イベントが始まったことをお知らせします!

カプセラはニューエデン各地を侵蝕し始めたローグドローンを撃破し、CONCORDを支援することができます。

経歴の長さや得意分野、スキルレベルに関係なく、あらゆるパイロットの参加を歓迎します。ドローンが大きくなるほど報酬も豪華になり、PLEX、SKIN、ドローンブループリント、そしてアクセラレーターを手に入れられる確率が上昇します。

イベントは6月13日から27日まで行われ、ローグスウォーム・ネスト(Rogue Swarm Nest)がニューエデン全域に発生し、暴走AIの群れがニューエデンの人々を脅かします。



ネストはあらゆる宙域に現れ、オーバービュー上にワープ可能なビーコンとして表示されます。サイトへ進入する前に十分に準備を整えてください!

ネストへ突入すると、大型指揮ユニットのオーバーマインド(overmind)を出現させるために様々なローグドローンと交戦することになります。

このボスユニットを撃破すれば、そのサイズに応じて様々な報酬を入手できます。

皆さんの幸運を祈ります。ああそれと、どうかお忘れなく。宇宙はあなた1人のものではありません。他のカプセラも色々なものを狙っていることでしょう!



イベント期間中、正確に言えば6月27日まで、ニューエデンストアはマルチキャラクタートレーニングを15%OFFで販売しています。

気になる方はぜひニューエデンストアをチェックしてみてください!
#132 - 2017-06-19 16:44:49 UTC
CONCORD艦のこれから
2017-06-19 13:10 By CCP Falcon

このところ色々な出来事が続いていますが、今回はファンフェスチケット購入者へCONCORD艦を配布した意図と、今後これらの船をどうやって手に入れるかについてお話しします。

Ascensionエクスパンションでアルファアカウントを実装して以来、これほど高価なアイテムをこんなにも大量に配布したのは初めてのことでした。その結果、今までうまくいっていた配布方法はもはや通用しないという事実が明らかになりました。

◆CONCORD艦を配布した意図と問題点

CONCORD艦を配布したのは、ファンフェス2017へ参加するためにアイスランドまで訪れてくれた労をねぎらい、その献身に報いるためでした。

実際に配布するまでに時間がかかったこと、いずれはより一般的に入手可能になることを考慮し、辛抱強く待っていただいたお礼の意味も込めて、私たちはアカウントごとに船を配布しました。

残念ながら、ゴーストトレーニングに関する問題がCONCORD艦の配布にどんな影響を及ぼすのか、私たちには状況が明確に把握できていませんでした。コミュニティがすぐに指摘してくれた問題点は疑う余地がなく、F2P時代を迎えたニューエデンにおける教訓をダイレクトかつ恐ろしい勢いで突きつけられました。

私たちはCONCORD艦の配布方法に問題があったと認識しており、このような事態を招いてしまったことをお詫びいたします。ゴーストトレーニングを濫用したプレイヤーが大量のCONCORD艦を入手しているという現状を重く受け止め、カスタマーサポートチームは濫用者の特定と警告を進めています。また、故意に不正な方法を使って手に入れたCONCORD艦と、CONCORD艦を売却して獲得したiskは、どちらも没収されます。

◆教訓

今回の一件は自分たちで作った新しい環境への大きな教訓を残しました。私たちは問題点をもとに、既にシステムの変更を始めています。

今後、チケットやイベントの一部として特典を配布する際は、一度だけ使用できる引き換えコードを発行し、電子メールまたは物理的なカードで通知するようにします。

◆マーシャル

チケット特典として配布される最後の1隻がマーシャル(Marshal)です。

どんな感じの姿になるかちょっとだけお見せしましょう

皆さんがこの船の入手条件・配布方法を心配しないよう、ここではっきりとお伝えしておきます。マーシャルはファンフェス2017かEVEベガス2017のチケット1枚につき、1隻が進呈されます。

配布するのはEVEベガス終了後です。ファンフェス2017かEVEベガス2017のチケット1枚につき、一度だけ使用できる引き換えコードを1つ発行します。2017年12月までは上記の条件に該当するプレイヤーがマーシャルを独占できます。

◆CONCORD艦の今後

パシファイアーとエンフォーサーは、2017年7月リリースでの実装を予定しているプロジェクト・ディスカバリー第二弾(系外惑星探査)で、段階的報酬の一部としてブループリントコピーが開放される予定です。

プロジェクト・ディスカバリー自体の開発者ブログは間もなく公開されます。7月リリースに関する情報は1、2週間以内にEVE Updatesで更新されるでしょう。

また、パシファイアーとエンフォーサーのブループリントコピーは今後のイベントのドロップ品になる可能性もあります。

マーシャルは最終的にはパシファイアーやエンフォーサーと同じようにブループリントコピーがプロジェクト・ディスカバリーの報酬となりますが、12月まではファンフェス2017かEVEベガス2017のチケット購入者が独占します。なお、マーシャルのブループリントコピーも今後のイベントのドロップ品になる可能性があります。

くどいようですが、今回のトラブルは本当に大きな教訓を残しました。私たちはアイテム配布方法の見直しを始めており、同様の問題が二度と起こらないよう一部プロセスを既に変更しています。

チケットを購入したにもかかわらずCONCORD艦が配布されていない事例が発生していることも確認しています。カスタマーサポートチームは可能な限り迅速にチケットを処理し、問題の解決に努めます。
7 PagesFirst pagePrevious page567
Forum Jump