M2-XFE Keepstar Keepstar Finalタイマー戦 HED-GPの悲劇、再び

以下はあくまで1個人、1兵士からの視点、見解であることを、あらかじめ断っておきます。

ET 1/3 0:00頃より始まったM2-XFEのKeepstar Finalタイマー戦は、防衛側のImperiumの圧勝という形で終了しました。
勝因はImperium側が先にFleetを展開していたという点に尽きます。
6年前のHED-GPでの戦いを思い起こさせる展開でした。

2014年1月のHED-GPでの戦いで、当時のN3陣営は、戦闘開始の10時間以上も前から、I-HUB周辺へCapital艦隊を展開し、当時のCFC(現Imperium)とRUS陣営を待ち伏せていました。
そして、戦闘開始後にそこへジャンプしたCFCとRUSのDreadnoughtは、長いジャンプトンネルを超えることができず、そのまま虐殺されたのです。

PAPI側は、今回の戦いでこのことを失念していたわけではなさそうですが、しかしいくつかの対策で乗り切れると軽視していたようです。
そして結果として、ほとんどのCapitalはM2-XFEにジャンプインすることすらできず、何とかジャンプインできたCapitalも、ジャンプトンネルを超えることができず一方的に虐殺されました。
しかしながらテザーを受けて安全に待ち伏せできる防御側と異なり、攻撃側はテザーを受けられないばかりか、タイマーまでの間Keepstarから一方的に攻撃されるため、PAPI側がタイマーが近くなるまで艦隊を展開しなかったというのも、理解できることではあります。

今回の戦いで、Fit無しのKillが多数上がっていますがあれはある種のバグで、過去の事例と同様に、実際には死んでいないと思われます。このバグによって生成された"ゴースト"Titanが彼我の艦隊が撤退した後の戦場に100隻近く浮いていたのは異様な光景でした。
このため、PAPI陣営側で失われたTitanの実数は100隻未満であると思われます。

今回の戦いは、両陣営にとって不幸な出来事だったと思います。
本来、こんな中途半端な結末ではなく、戦争の帰趨を決する、"艦隊決戦"が行われるはずでした。それを参加していたすべてのプレイヤーが望んでいたでしょう。しかし実際にはそうならなかった。ある意味事故です。
また今回の戦いでPAPI陣営の受けた損害は小さなものではありませんが、しかし戦力差が覆えるほどではなく、例えばB-Rのように翌日から攻守が入れ替わる、というようなことにはならないと思われます。

4 Likes

今回の一件には直接の関与は一切してませんが、一言。

私も今回の話を聞いて真っ先に連想したのは、HED-GPでした。


サーバーへの負荷によってゲームが正常に機能しなかったという事例はこれだけではなく、過去いくつもありました。最近ではGoonがBFGで敵艦隊を殲滅しようとして失敗した、ということもありました。
CCPもこれまでに改善と改良を重ねてきているとはいえ、それでも現在のシステムでは限界があり、現状行われているようなNullの超大規模戦を完全にサポートできているとは言えません。それは、ある程度このゲームをやっている人ならば誰もが知っていなければならないことだと私は思います。

一説では参戦人数は10000人を超えていたとあり、これは明らかに現状のサーバーの処理能力を超えています。これまでの瞬間最大ローカル人数は、10月のFWST-8の戦いの時で6500人程度でした。
そのような状況で多人数をジャンプインさせるならば、もはやサーバーが正常に稼働することは期待すべきではなかったと思います。まあ、当事者、特にPAPI上層部が当時どのように考え、そして今何を言っているのかは私は存じ上げませんが。

3 Likes