CSM 17th候補者 Benjamin Rushing

Benjamin Rushing

原文:Benjamin Rushing for CSM 17

以下和訳


CSM17はBenに投票を!

ゼロからの出発! 自分のロゴとコミュニティを地図に載せるという夢を抱き、そして叶うまで。その道中には、大勢力との戦い、そして駆け引きがあった。EVE Onlineでコミュニティのリーダーとして自分たちの道を切り開くことは困難なことだ。ゼロから出発するならなおさらね。CSMに必要なのは「一個人を理解する」人ではなく、すべてを経験してもなお「一個人」だと見なされている人なんだ。

ニューエデンの住人たちは、多くの異なる言語を話し、異なる文化を持ち、そして多くの国から集まっている。だからCSMには、外国語を話し、かつ英語力が要求されるゲームを日常的にプレイしているような人が必要なのさ。だからこそ私は、英語以外の言語を話すプレイヤーたちにとって理想的な代表者になれるんだ。

しかし、私の情熱は英語以外の言語を話す人たちだけのものじゃない。私はすべてのプレイヤーの代弁者になりたいんだ。経験豊富なプレイヤーとして、私は一通り以上のゲームプレイを理解している。プレイヤーがハイ・ロー・ヌルそれぞれのセキュリティやワームホールのどこに関心を持っていたとしても、私はEVEをプレイする上で選ぶことができる方法の多くを色々と経験してきたから、すべてのプレイヤーの代弁者となれるだろうね。

Benって誰?

私はベルトにサスペンダーといった風貌の、しがないオタクだよ。でも流石にサンダルに靴下はちょっとね……。

私のフルネームはBenjamin Rushingだけど、Benと呼んでくれ。

私はヌルセキュリティのアライアンス「Sorry in Advance」の幹部であり、また、RMC(訳注:Red Menace Coalition)の管理者のひとり、そしてEVE Montréal(訳注:カナダ、モントリオールで開催されているEVEのファン集会)の主催者でもあり、リアルでは生物学者なんだ。

私がこのゲームで特に関心を持っているのは、コミュニティの構築と、それを各段階においてより良く、より効率的にしていくことだ。私はコミュニティが楽しいものになるよう、様々なレベルで活動やプロジェクトをマネジメントすることに誇りを持って取り組んでいるよ。私たちのアライアンスは、比較的小規模で、ステキなコミュニティと一緒に一から作ってきた。私は星系図にロゴを乗せるという夢を現実のものにすること、そしてそれを維持することがどれほど大変なことなのかを知っているんだ。

私が始めたきっかけは?

2005年頃、私は数週間プレイし、そしてやめてしまった。2008年から2009年にかけても同じことをしたし、2012年あたりもそうだった。2017年までにこのゲームのことを本当の意味で学ぼうと思ったことはなかったね。いくつか理由があって、私は「ハイセキュリティは本当の意味でのゲームじゃない」という印象を持っていたんだ。だから二日目にはヌルセキュリティのファウンテン・リージョンにどっぷりとつかって、産業まわりのやり方を学んだんだ。そこには数週間居たけれど、とても楽しかったね。

そこを追い出された後、私はレンタルされた領域(当時はそうとは知らなかったけどね)に行った。そこでもまた同じことをして数週間過ごしたけれど、私は先に進まないといけないと思ったんだ。私はハイセキュリティやローセキュリティ空間でフランス系カナダ人たちのグループと出会い数ヶ月を過ごしたけど、もっと自分自身のものと言えるような何かが必要だと感じた。そうして私は4~5人の友人たちとレンタルスペースへ戻り、ヌルセキュリティの仕組みをさらに学んでいったんだ。

私たちはそこでとても楽しくやっていたし、素晴らしい隣人たちと出会い、彼らとは友情を結んだ。そしてある時、私たちはもう少し大きくならなければ、ここでの活動はそれほど長くは続かないことを悟り、初めて本物のヌルセキュリティ・アライアンスであるAPOC(Apocalypse Now.)に参加することとなったんだ。

しばらくの間、私たちはそこで多くのことを学び、NRDS(訳注:Not Red Don’t Shoot、敵対していなければ撃たないという方針)でプレイしていたんだ。ブラックアウト(訳注:ヌルセキュリティでのローカルチャットがワームホール同様、発言していない人が表示されない=実質的に誰がいるのかわからない状態にされた期間のこと)のあと、私たちはプロヴィデンスから追い出されてしまい、その後しばらくローセキュリティでプレイすることになった。それはまさに、私たちが初めてリアルイベント――EveNorthに参加した頃だったけど、私たちはそこで幾人かの本当に素晴らしい人たちと出会ったんだ!

そのうちの何人かと共に、私たちは独自のアライアンスを結成しようと決意した。それがSorry in Advanceさ。私たちは何人かの友人とグレートワイルドランドへ向かったけれど、NRDSは私たちには向いていないということがわかった。私がレンターにいた頃からの古い隣人、仲間のひとりから、星図の南部を占領するためのコアリションを作りたいと連絡があったのはその頃だったね。

私はそのアイデアに興奮した!

この提案は興味をそそるものだったし、私たちは自分たちの力を結集してあたるようなチャレンジが必要だと感じていたんだ。そしてそれは上手くいったのさ! 南部では色んなことが起こった。私たちは自分たちの初めてのアウトポストをPAPIとImperium(訳注:共にプレイヤーの大規模同盟)のちょうど中間にあるクエリアスに設置したんだ。最高に盛り上がったね! 私たちは今、コアリションの友人たちと共に、エストリアで領有権を持っているんだよ。

また私は過去数年間で二回のEve Montréalイベントを開催したし、まだまだ計画しているよ :blush:

私が改善に務めたいのは以下の通りだ。

  • コーポレーション・アライアンスのインターフェイス:2022年の管理ツールとしてふさわしい仕様にする

  • アクセスリストからコンテナ・ハンガーへアクセスできるようにする。他のアライアンスの友人とフリートをするのが本当に複雑で、撃っているよりも資産管理に多くの時間を浪費することもあるんだ。

  • また、アクセスリストからフリートハンガー、モバイルトラクターユニット、バブル、その他の設置可能物へアクセス可能にする(他の人が利用できるようにするために)

  • ロジスティクス・パイロットの統計情報を開示。このアイデアは、名誉を与えることが目的だ。あなたは優れたロジパイロットかい? あなたのパフォーマンスは良かったかい? 他の人たちは、キルメールやzkillでその評判を把握できる。ロジスティクスを頑張る兄弟たちにもそれにふさわしい名声を与えようじゃないか。

  • 小規模なグループのマネージャーがより効率的に、より楽しむために何か手助けしたい

  • サルベージ・ゲームのブラッシュアップ。大きな戦闘に飛び込んで、艦隊同士が撃ち合っている間にサルベージを始め、攻撃される前に脱出するようなゲーム性を持たせる。

なぜCSMに立候補したかったのか?

私はこのゲームが大好きで、もっと良くしたいからさ!

私はこのコミュニティにより多くの貢献を果たせると感じているんだ。ここ数年、ゲームの内外を問わず、コミュニティや人々との間に、関係を構築したり援助したりする方法を作り上げてきたからね。私は成長することを大切に考えているけど、それは数だけじゃなく、質の面も含めてのことだ。EVEはすでに、太陽系第三惑星の中で最高のゲームコミュニティを持っているよね。さあ、もっと良くしていこう!

また私は、規模の小さいグループにも声を上げる機会を与えるために、この場にいるんだ。個人的にひとつ例を挙げるなら、フランス語圏のプレイヤー達のコミュニティのようなものが挙げられるけど、それだけじゃなくて、自分たちのプロジェクトを成功させようと苦労しているその他の小規模グループについても同じように思っている。

あなたは小さなグループのマネージャーかい? あなた自身、そしてあなたの仲間たちには、6月7日から14日の投票期間に、どうか第一候補として私に投票してほしい。(そうだ、あなたのカレンダーにリマインダーをセットしておくといいよ。だって我々はみんな、他にも考えなくちゃいけないことがたくさんあるからね :wink:

プレイヤーたちは私に何を期待できるのか?

上に書いたことを進めるだけじゃなく、プレイヤーコミュニティに付加価値を与えるような、論理的で永続的なアイデアについてサポートしたいと思う。私のDiscord ( https://discord.gg/ez2W8eu)のBen for CSMチャンネルで、簡単に連絡を取ってもらえるはずだよ。


翻訳者 : Flip Slay
査読者 : 4bumar Sarain

2 Likes

ご不明な点がございましたら、DiscordServerでお気軽にお問い合わせください。

2 Likes

Thank you Ben!

1 Like

ここに投票してください:https://community.eveonline.com/community/csm/vote/
最初のアカウントにログインします
投票をドラッグアンドドロップして、次のようにします。
[投票を送信]をタップします
次に、次のアカウントにログインして同じことを行います
投票:ベンジャミンラッシング

2 Likes