公式短編小説の翻訳について

EVE Onlineの公式サイトの「ショートストーリーズ」で公開されております、公式短編小説の翻訳についての質問となります。

●了承を得ず、ファン活動として翻訳をしてできた成果物を、一般に公開することに公式の了承を得るべきであるのか?

●WebやPDFなどで勝手に一般に公開する形に、版権や著作権の権利関係で問題があるのか?

●日本の法律では、著作権法第27条で海外小説を勝手に翻訳して公開するのは違法となるようです。公式サイトで無償公開されている公式短編小説を勝手に翻訳してはいけないのでしょうか?

●承前。法律で定める条件では著作権者の承諾があれば勝手に翻訳や公開は不問となるようでもあります。
その場合、公式の許諾はいただけるのでしょうか?

●公式小説の設定などを利用したパロディはNGであるのか?

質問は以上です。
なお、上記の法律は知らずに当方が内容を日本語で楽しみたい思いから日本語への翻訳を完了させた作品が5点あります。
こちらを現在SNSでリンクの形で公開しております。
問題があるようでしたら即刻削除する用意はございます意志は表明させていだきます。
よろしくご教授、および回答のほどお願いいたします。

ご質問ありがとうございます。

CCPの知的財産についてはEULAで定められているとおり、プレイヤーが二次的著作物を作成することは認められていません。作成する場合は事前に書面による許可を得る必要があります。しかしながら、CCPはEVEコミュニティの創作活動をサポートするため、一定条件を満たせば知的財産の利用を容認するEVE Online関連コンテンツ制作規約を設けています。

ただし、こちらはあくまでCCPの方針を示した規約であって、プレイヤーに対して正式な許可や承認を与える内容ではないことにご注意ください。日本国内の法律が要求している条件も考慮されておりませんので、CCPからの正式な回答を必要とされる場合はカスタマーサポートへお問い合わせくださいますようお願い致します。

1 Like

ISD Parrot殿、回答をありがとうございます。
提示して頂いたコンテンツ制作規約や、既存のファンメイド制作物などを吟味して、常識の範囲内で楽しむに留め、商業的な使用は一切しないように重々注意の上で、プレイヤーとの交流に役立てる制作と共有を心掛ける所存です。