CSM 17th候補者 KaeL EaglesEye

KaeL EaglesEye
原文 KaeL EaglesEye, AUTZ CSM 17 candidate - Council Of Stellar Management / CSM Campaigns - EVE Online Forums

こんにちは、みなさん!

私はKaeL EaglesEye、AUタイムゾーンで2012年からEve onlineをプレイしており、願わくば次のCSMメンバーになりたいと考えています。
文章を読みたくない人、車の中で聞きたい人のために、私が誰で何故立候補したのかについてYouTubeのビデオを作りましたので、こちらをご覧ください。
KaeL For CSM 17 - YouTube

では、KaeLとは何者で、どのような物語が彼の背後にあるのでしょうか?

KaeLは2012年にハイセクで現実の友人達と採掘を始めました。マンモス (訳者注 : 輸送艦) が採掘用レーザーを持っていた時代、岩の上に1時間座ってyoutubeを見ながら鉱石をオルカにドロップして、オルカパイロットがそれを換金して私たち全員に分配してくれる…はずでした。
このような支払方法を見たことはありませんが、それは私にEveの重要な教訓を与えてくれました。約束が破られれば稼いだISKなど意味は無く、つまりは誰も信用してはいけないということです。

そこから私はCFC(現在のimperium)の一部であるAUTZ同盟のC0nvictedに勧誘され、クロークしたリフターでゲートを偵察しスーパーキャピタルのスカウトをする仕事を与えられました。私の仕事はレッド (訳者注 : 敵対勢力) を見たら呼び出すことで、私はある時レッドを見ました。私は叫びながら仲間に警戒を呼び掛けました!仲間達はレッドの名前を尋ね、私はブラッドレイダー (訳者注 : プレイヤーではなくNPC) と答えました。この出来事はその後長い間笑い話のネタになりましたが、私がこのゲームを始めた初期の頃の非常に良い思い出です。

当時、私はFawlty7にFC (艦隊指揮官) のやり方を教えてくれるよう頼み、私は彼の下で学びました。その時のアドバイスが今でも役に立っています。「勝っても負けても、フリートが楽しく無ければ意味が無い」。この言葉を聞いて、FCは数十人から数百人、稀に数千人のプレイヤーが参加するフリートやキャンペーンのコンテンツクリエイターであり、目的を達成するとともに参加者に楽しんでもらうことがFCの重要な責務であることに気付きました。

2014年にC0nvictedが解散し、そこから私はあちこちに移動し、様々なコーポやアライアンスから見たヌルでの様々なプレイスタイルを経験しました。ProviブロックでNRDS (訳者注 : Not Red Don’t Shoot、敵以外は撃たない) からNPSI (訳者注 : Not Purple Shoot It、 フリートメンバー以外は撃ての意) フリート、ローミング海賊ギャングまで。私はNullの生活の多くの側面に足を踏み入れましたが、ワームホールやローセクへの冒険は数回のみで、その中でこれらの領域を故郷とする勇敢なカプセラに対する健やかな恐怖感と尊敬の念を抱くことが出来ました。

ここ数年はBlack Omega Securityのメンバーとして、WWB2以前とWWB2期間中にFC群の中で働き、TESTの高位FCとリーダーとしての役割を得ました。その13ヶ月間、私はPAPIの超アクティブなFCの一人で、週に40時間以上のフリートタイムを記録し、さらにDiscordチャットで戦力の展開、ターゲット、戦闘についての計画を立てました。最近、Black Omega SecurityはPandemic Hordeで運を試すことを決め、私はアクティブなFCから一歩引いて次の世代の育成を手伝い、Eve onlineのコミュニティ発展にもっと時間を費やすことにしました。RedlineXIII率いるNew Eden Postの素晴らしいストリームチームのおかげで、TwitchでSerious Slander Saturday AUTZトークショーを配信し、Cesspool discordでコミュニティMODとして活躍しています。

Cesspool discordは、全ての宇宙勢力のメンバーが交流できる誰でも歓迎のコミュニティで、PAPIかGOON (訳者注 : WWBIIの主役となった2つの互いに敵対的な勢力、WWB II後も冷戦状態にある) どちらに所属しているかなんて重要な事ではありません。私たちは皆人間であり、Eveのプレイヤーであり、そして楽しんでいるだけなのです。

私はどんな人間でしょうか?

私はアーロン。32歳で、オーストラリアの東海岸、シドニーの北1時間のところで生まれ育ちました。
11年生を終えて、TAFE (Technical and Further Education、州立の職業訓練専門学校) に行くことを決め、ITの資格をいくつか取りました。
ATMの修理工場で働くことになったのですが、その修理工場は閉鎖されてしまいました。
その後、2年間シェフをしていましたが、料理が嫌いになったので辞め、固定無線ISPのネットワークアナリストとして働きました。
給料がクソ安かったのでその仕事を辞め (笑)、ショップフィッティンググループの社員となり、そこで何年も働きチームリーダーまで上り詰め、Covid-19が事業を閉鎖するまで4年間そのポジションで働きました。
その後、フリートで過ごした時間を考えると、私の次の仕事はFCと言えるかもしれません。

私の専門分野

FCとしてスキル

ヌルセク

コミュニティへの関り

リーダーシップ

私はEveでほとんどの時間をヌルセクで過ごし、ここ数年はFCとして、リーダーとして、そしてコミュニティーのプロモーターとして過ごしてきました。これらは私が知っており、理解している分野であり、私が CSM に選出された場合、EVE プレイヤーのために活用できる知識と経験のレパートリーを増やしてきました。

私がCSMに選出された場合

私はEveをより良く変えるなどという、大それた約束をするつもりはありません。CCPはCSMの意見に耳を傾けますが、それを実行するかどうかは最終的にはCCPの選択であることはここ数年で周知の事実です。私が約束できるのは、皆さんの懸念や問題を受け止め、CCPにその懸念を伝える声になることです。どんなコーポやアライアンス、ゲームプレイであっても、私は貴方の味方となり、コミュニティとプレイヤーの利益のために戦います。

私が主張したい3つの主要なポイントは

1: Ansiblexが地域をまたいで発揮するパワーのアンバランスさ。

私の見るところ、これに対抗する一つの方法はワームホールに似た通過制限で、ジャンプブリッジを5分かそこらで1回以上連続で使用出来ないようにすることです。これはちょっとした思い付きですが、多くの地域におけるヌル大手勢力のフラッシュフォームによるパワーを減らすことができると信じています。

2: シタデルの導入がもたらすヌルセクの停滞。

かつてのヌルセクのような地域移動の活発さ、流動性を復活させるための私のアイデアは、構造物からリグをアンインストールするためのアンカー解除時間を追加することです。グループが宇宙を移動して、より豊かな地域を占拠しようとしない理由の多くは、コストが高すぎるからです。もし、アンカー解除に加えてリグをアンインストールする機能が実装されれば、ヌルセク勢力の移動が活性化し、私たちが大好きなノマド的な戦闘的ライフスタイルが戻ってくると考えています。

3: ヌルブロックにいない、またはisk/spが低いプレイヤーに、より有利なiskを稼ぐ機会を導入すること。

多くの有利なIsk生成の機会は、ヌルセクゲートの後ろに隠されているか、ヌルブロックによってコントロールされています。この例として、ポクヴェンがあります。かつては、リスクを取ってiskを稼ぎたい人には誰でも開放されていました。今はヌルブロックがウォレットを増やすためにロックダウンしており、小さなグループは放置されています。

また、Eve onlineの黄金律ですが損失を許容できないような船でNew Edenを飛ぶべきでは無く、その上でこのゲームでiskを稼ぐには大きな投資が必要です。私の目には、低iskやスキルポイントのプレイヤーが自分の足で立って、私たちが愛するこのゲームをプレイできるようにする方法をもっと増やす必要があるように映ります。

結論、TL:DR

私はゲームとコミュニティの発展のために何が良いかを考えています。あなたがどの宇宙勢力に属しているか、どの宇宙地域に住んでいるかは関係ありません。あなた方は皆仲間であり、一つのコミュニティに属するものであり、私が感謝と共に貢献したいと思える存在なのです。
だから、CSMにはKaeLに投票して頂きたい。この男も経験と勘を総動員し、EVEをより良くするための打開策を――プランBを追い求めているのだから!

(翻訳者 : KenzokuTMT)
(査読者 : Walter Islands)

Mate your a legend, Thank you very much. Appreciate it and you!

1 Like