CSM 17th候補者 Mifune SwordGod

portrait (3)

原文 Mifune SwordGod For CSM 17 - Council Of Stellar Management / CSM Campaigns - EVE Online Forums

以下和訳

キャラクター背景

Mifune SwordGodは、EVE Onlineと他のMMORPGにおいてベテランプレイヤーである。ヌルセキュリティプレイヤーであり、EVE Onlineストリーマーであり、YouTuberでもある。彼は2016年からEVEを始め、ほぼ全ての時間をヌルセキュリティで費やしてきた。FCとストリーミングの界隈では、EVE界のジャー・ジャー・ビンクスとして知られている。

彼は無我夢中にほとんどの時間を、勝敗にかかわらず、戦いを求めることに費やしてきた。

ヴァルハラを求め、無数のヘカテ(発音はHE-COT-TEYだ、異論は認めない)を失ってきた。彼は悪名高い30分の仮眠を含む ―― 結局この仮眠は10時間の睡眠となり、ダウンタイム中に16本の着信と100通のDiscordのメッセージを逃すこととなったが ――M2-XFEの戦闘の一部始終を配信した。これまで日々のEVE活動ではPvP、採掘と、通信妨害を主に行ってきた。現在はAscendanceコーポで、退屈なリクルーターやFCとして活動している。

今は技術部門を務め、Imperium News Network’s Theta Thursdayで共同ホストを務めている。また、様々なGoonswarmの戦闘を動画コンテンツとしてYouTubeに上げており、WWBの戦争の際は、より大規模な戦闘でカメラマンも務めた。

(画像:https://global.discourse-cdn.com/eveonline/original/4X/8/4/3/843875e944a94c91eb3f6c3dbdf8e523289f9583.jpeg)

実生活では、Mifune SwordGodの中の人はRobert Knorrという、アメリカの21歳の大学生で、ITソリューションと動画編集を学んでいる。仕事においては、今は地元の醸造所でバーテンダーとして勤めているが、元々の専攻は音楽教育学で、中学校の合唱団に学生教師として務めていた。彼の人生で興味深いことは、彼は州の名誉合唱団の一員として、全国で披露した経験があるそうだ。高校時代には、演劇クラスに参加して6つのミュージカル作品に出演し、彼が脚本を務めた演目が全校で上演されたこともある(酷かったけど、楽しい意味で酷かった)。彼はあらゆる種類の音楽を愛しているが、歌を諦め、プログラミングとコンピュータへの愛により強い情熱を見出した。これは父の影響が大きかった。

(画像:https://global.discourse-cdn.com/eveonline/original/4X/2/0/f/20f8d80d087d371213fb6b615fe339580b93e4af.jpeg)

(画像:https://global.discourse-cdn.com/eveonline/original/4X/a/0/d/a0da35177937e8d13aea4891394a60e148397ca9.jpeg)

私のEVE ONLINEストーリー

私はEVEプレイヤーの血統です。奇妙なことに、私のゲーマーとしての道は、父と一緒にWorld of Warcraft (WoW)をプレイするところから始まりました。当時、父はWoWとEVEの両方をプレイしていましたが、私が15歳になる頃、ゲームの複雑さを理解できるようになると、彼は私をProviBlocへ参加させました。私は小さなEVEファミリーの一員となり、今でもメンバーとは定期的に連絡を取っています。私はそのとき、偵察活動に夢中になりました。小さい頃から現実の軍隊に関心があったこともあり、軍隊の構造に強い興味を抱いていましたが、残念ながら医学的問題のためにリアルの兵士になる道は断念せざるを得ませんでした。話が逸れますが、私が更に興味を抱き始めた頃にGoon VS TESTのFountain Warの動画に出くわし、そして私には、Goonswarmはこのゲームにおいて害悪ばあちゃんのような存在に見えました。ProviBlocは私にこのゲームを教えてくれましたが、その後、Goonswarmを6年近く私の住処にしていました。最初にGoons、squeaker、master spergerに加わった時、Kalmafleetの他の若者であるMike Floodと一緒にいたことを覚えています。

当時高校生だったので、ゲームに費やせる時間を犠牲にせざるを得ず、数年ゲームから離れ実生活に集中していました。

1年半後、私はLAWNアライアンスに所属している古いEVEファミリーを探すためにゲームに戻り、父とEVEファミリーに続いて再びLAWNに戻ってきました。私は噓を吐けません。何でも知っていると思いこんだ口うるさい17歳の若造だった私はトラブルを起こしてしまい、結果としてLAWNを離脱する羽目になりました。それで、私はTheta仲間と共にGoonに落ち着きました。ここに来てから、かれこれ3年が経ちます。戦争が始まったのはこの頃で、Twitchのコンテンツに関する限り、ニュース報道の場所はMeta Showだけではありませんでした。なので私はINNチームに参加し、使わなくなった偵察ALTキャラをカメラマンとして起用し、紛争地点に配置してWWB2の大規模戦闘の全てを配信しました。DawnがThetaの問題児をもっと有名にしよう、と持ちかけてきたのもこの頃で、BOOM Theta Thursdayが始まるきっかけとなりました。

私の専門分野

私のEVEの活動場所は主にヌルセキュリティでのPVPですが、あらゆるコンテンツに少しずつ手を出したりもします。サブキャピタルFCに習熟しており、キャピタルもあちこちで動かしたりします。ワームホール内にも住んだことがあり、ワームホール活動も色々こなしてきましたが、決して専門家というわけではありません。国家間戦争に関しては、私はメタについては殆ど無知ですが、CCPに国家間戦争を修正してもらうことがどれだけ重要かについては誰もが知っているところです。

私はTwitchとYouTubeのメディアリテラシーに精通しており、EVEの開始当初からEVEパートナーとして活動し、ゲーム外で人々が視聴して楽しむための優れたコンテンツの作成に取り組んでいます。今後のキャンペーンノートに記載しますが、最大同時視聴数がわずか6000人程度しか集まらない、このゲーム分野の知名度を向上させたいです。他のTwitch視聴者と同じように、私の視野はこのゲームの特定の分野に限られたものかもしれませんが、常に新しいことを学びたいと思っており、一般のプレイヤーの意見にも耳を傾けたいと思っています。

なぜCSMに立候補するのですか?

私はEVEを初めてプレイした時からずっとこのゲームを愛しています。いっそのことEVEが終わるその時までCSMを務め、私達全員が楽しめる美しいゲームを作りたいと思っています。そのEVEの夢をいつまでも持ち続けています。 #MakeEveGreatAgain

(翻訳者 : Camille Brennan)
(査読者 : 4bumar Sarain)